RAWでいいの?

最近すっかり RAWで撮影なのですが
RAWのメリットは
カメラでjpegを生成するより より高品位に現像できること
W/Bもプリセットとらなくてもグレイ写しこんでおけばOK
ISO100とか200で撮影してる分には+2、-0.5くらいは
露出もそれほど画質劣化が気にならないでなんとかなる。
後から失敗していてもかなりの確率でリカバリーが効くこと。

まぁメリットだけじゃないですわな

ファイルサイズ大きいので書き込みに時間がかかる。
記録メディアもJPEGより大容量なものが必要になる。
かならず現像処理という後処理がついてくる。etc
10Dでバッファフルから開放までだと50秒くらいなのですが
この時間が撮影途中に画像見ようとすると 体感的には
3分くらいに感じるくらい長い(´・ω・`)
1Dmark2あたりに速いSDを使うとRAWでも書き込み
1秒ちょっとらしいし RAWの現像のPCのスペック高ければ
それほどストレスを感じず処理できるはず。
やっぱり世の中 お金さえあればなのか_| ̄|○

jpegで撮影していた頃の写真を見ても結構ちゃんとプリセットが
決まっているのは結構ノーレタッチでもぜんぜん使えるなぁと思うけど
一度でもRAWの良さを体感してしまうとやっぱりRAWだよなとも思うw

2003/7 ぽたんちゃん EOS10D+17-40mmF4L ノーレタッチ
b0044523_2115824.jpg

by kirinon | 2004-11-24 23:59
<< 少し修正 のこり3MB >>


Copyright (C) 1999-2019 KIRINON